NEWS
STORY
SHOP
CAFE
ACCESS
CONTACT
MENU

伝統工芸の美

 
 
鍋島焼


1675年、将軍への献上品を作るため、肥前国の有田・伊万里(佐賀県有田町、同県伊万里市)地域で
選りすぐりの陶工31人を集結させ鍋島藩が築いた藩窯。

これが伊万里 鍋島焼のはじまりである。
庶民には決して手に入らない、将軍や大名だけが使うことのできた最高の品。

現代社会において鍋島焼の歴史的価値の素晴らしさは日本磁器最高峰とも評されており
鍋島焼の産地には先人達が遺して素晴らしい文化・歴史・技術がある。

廃藩置県以降の民窯となった鍋島も明治、大正、昭和、平成、令和という
約350年の激動の時代と共に変化し進化を遂げてきた。

今回アップル&ローゼスでは、そんな鍋島焼をタルトの器として採用。

正十二面体の制作は300年以上の歴史を誇る鍋島焼でも初の試みであった。


 

関連のニュース

【年末年始営業日のお知らせ】
カフェ ショップ
2021 Dec. 04 [Sat.]
【年末年始営業日のお知らせ】
【年末年始営業日のお知らせ】
apple&roses Xmas
ショップ
2021 Nov. 25 [Thu.]
apple&roses Xmas
12月22日〜25日のお届け
アップル&ローゼスタルト予約日変更のお知らせ
2021 Nov. 19 [Fri.]
アップル&ローゼスタルト予約日変更のお知らせ
アップル&ローゼスタルト予約日変更のお知らせ